KiCadで基板を作る

オープンソースの回路CAD「KiCad」を利用した回路設計や基板製作などを紹介します。


【プロフィール】
iw回路設計
KiCadで回路設計や基板設計をしたりしています。 https://iw-circuitdesign.net

カテゴリ: 基板作成

2019/3/28更新基板の作成記事を一覧にまとめました。タグで検索するよりは探しやすいかなと思います。各記事のリンクをクリックすると、別ウインドウで開きます。 Zynq搭載ボードの設計(更新中)←NEW!Zynq搭載ボードを設計してみたい 〜導入編〜Zynq搭載ボードの設計(1 …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(9)〜microSDカード回路〜

今回のZynq搭載ボードではmicroSDカードでブートできるように考えています。 microSDカードでブートさせるためには? Zynqのテクニカルマニュアルを見ると、SDカードからブートを行う場合はPS側のMIOピン40〜45(SDIO 0 インターフェース)に接続する必要があるようです。  …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(8)〜Zynq SoCの回路図シンボルを作成〜

今回のZynq搭載ボードではピン数の多い部品が数多くありますが、その中でもひときわ規模が大きい部品はやはりZynq SoC(400ピン)です。400ピン(パッケージ名:CLG400)はZynq-7000のパッケージの中では255ピンの次にピン数が少ないパッケージとは言え、400ピンというピン数 …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(6)〜電源回路の再考〜

前々回のブロック図や大まかな構成を考えている時点では、電源回路にはPMICを使おうと考えていましたが、少し考え直して「個別のDC/DCコンバータ+電源シーケンサ」の構成にしようかと思っています。 PMICの場合は設定作業が必要 PMICを使った方が部品点数が少なくて済み、回 …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(4)〜ブロック図、EthernetやUSBのPHYについて検討〜

ブロック図 大まかなブロック図はひとまず下記にように考えました。 PS部のMIOの電源 PS部のMIOのバンク500とバンク501にはそれぞれ独立した電源(1.8〜3.3V)を供給できます。参考として、Arty Z7やZyboではバンク500では3.3V、バンク501では1.8Vが使用されています。 PS部 …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(3)〜ボードの構成について調べる〜

Zynqのボードを作るにあたって、最低限どんな部品が必要かを調べていきます。参考として手元にあるArty Z7を眺めて、どんな部品が使われているか見てみます。主要な部品は下記のようになっています。DDR3メモリ(512MB)電源IC(PMIC)ギガビットEthernetトランシーバーUSB2. …
続きを読む
Zynq搭載ボードの設計(1)〜Zynqについて調べる〜

今回のZynq搭載ボードはあれこれ機能を盛り込んでしまうととても難しくなってしまいますので、なるべくシンプルな形でHDMI入出力、VGA出力、カメラ入力を備えた画像処理機能に的を絞ったものにしたいと考えています。  どの型番にするか Zynqと一口に言っても、Zynq-7000とU …
続きを読む