KiCadで基板を作る

オープンソースの回路CAD「KiCad」を利用した回路設計や基板製作などを紹介します。


【プロフィール】
iw回路設計
KiCadで回路設計や基板設計をしたりしています。 https://iw-circuitdesign.net

カテゴリ:基板作成 > DCジャック変換基板

DCジャック変換基板の作成(11) 〜プリント基板データの作成(その4)〜

DCジャックのフットプリントを修正 DCジャックの1番ピンのフットプリントを修正する必要がありましたので、ここで行います。   DCジャックのフットプリントにカーソルを合わせて、右クリックメニューを表示します。 メニューから[フットプリントCON1-F.Cu] > [フ …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(12) 〜プリント基板データの作成(その5)〜

部品の配置が決まりましたので、配線を行っていきます。 おもて面を配線する まずはおもて面(部品が乗る面)の配線を行います。 レイヤ表示のおもて面の配線用のレイヤ「F.Cu」を選択します。 次に右側のツールアイコンから「配線とビアを追加」アイコンをクリックし …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(13) 〜プリント基板データの作成(その6)〜

順序としては部品配置の時に行った方が効率が良かったかもしれませんが、基板に取り付け穴を追加します。  取り付け穴の追加 右側のツールアイコンで「フットプリントを追加」アイコンをクリックしてからエディタ画面上でクリックします。 フットプリントの読み込みウ …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(番外編) 〜3Dビューアで基板を確認〜

プリント基板データの作成(その6)まで基板データの作成を進めてきましたが、ここらでちょっと休憩がてら3Dビューア機能で作成中の基板を見てみます。 3Dビューアで基板を確認 KiCadには、プリント基板の3Dビューア機能があります。 これを利用すると、作成中のプリ …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(14) 〜プリント基板データの作成(その7)〜

前回でフットプリントの配置と配線ができましたので、今回は基板上のシルク表示を調整していきます。 フットプリントを動かないようにロックする いろいろとシルク表示などの微調整をしている際に、うっかり部品のフットプリントを動かしてしまうことがあったりします。そう …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(15) 〜プリント基板データの作成(その8)〜

前回までで部品配置・配線・シルク等の調整が終わりましたので、最後の確認としてDRC(デザインルールチェック)を行います。 デザインルールチェックを行う プリント基板エディタを使う際に、基板メーカの製造仕様に合わせてデザインルールの設定を行いましたが、それを …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(16) 〜プリント基板の発注(その1)〜

ガーバーデータとドリルデータ 基板メーカへプリント基板を発注するには、ガーバーデータとドリルデータというファイルが必要になります。 スイッチサイエンスPCBの技術ガイドのページで必要なガーバーデータを確認することができます。 (スイッチサイエンスPCBの技術 …
続きを読む
DCジャック変換基板の作成(17) 〜プリント基板の発注(その2)〜

ガーバーデータとドリルデータの出力 ガーバーデータとドリルデータの出力はKiCadのプリント基板エディタ「Pcbnew」から行います。 ガーバーデータを出力するには基板エディタの上側ツールアイコンの「プロット」アイコンをクリックします。すると「製造ファイル出力」ウ …
続きを読む
【KiCad5.0対応版】DCジャック変換基板の作成(1) 〜目次〜

※この記事は過去の「DCジャック変換基板の作成記事」をKiCadのバージョン5.0向けに書き直した記事です。過去のバージョン4.0での作成記事はこちらをご覧ください→DCジャック変換基板の作成(1) 〜目次〜オープンソースの回路CAD「KiCad」を使用して「DCジャック変換基板 …
続きを読む