KiCadで基板を作る

オープンソースの回路CAD「KiCad」を利用した回路設計や基板製作などを紹介します。


【プロフィール】
iw回路設計
KiCadで回路設計や基板設計をしたりしています。 https://iw-circuitdesign.net

WiFiとBluetoothとデュアルコアCPUが1つのモジュールになっている小型で安価な「ESP-WROOM-32」を使った汎用CPU基板を作ってみたいと思います。
ESP32

ESP-WROOM-32とは?

  • 上海の半導体メーカーであるEspressif Systems社製の無線モジュールです。
  • 安価でありながら(日本では約700円程度)デュアルコアのCPU、WiFI、Bluetoothが1チップになっており、一般的なマイコンで使用する各種ペリフェラル(GPIO、UART、SPI、I2C、ADCなど)も内蔵しています。
  • 技適も取得されているので、日本でも使用することができます。
  • Espressif社の開発環境ESP-IDFだけでなく、Arduino IDEも使用できます。


Espressif社でも開発ボード「ESP32-DevKitC」が出ていますが(秋月さんでも販売されていますね)、自分なりに使いやすいと思う独自の汎用ボードをKiCadを使用して作ってみることにします。

まずはどんな基板にするかを決めていきましょう。

どんな基板?

  • 汎用で使えるようにしたい → I/Oをコネクタに引き出す
  • ブレットボードで使えるようにしたい → 2.54mmピンヘッダを使用する
  • 汎用基板の回路は必要最低限とする → 電源回路とUSB-シリアル変換回路のみ
  • 機能拡張用の基板をスタックできるように考慮する

ブロック図

ブロック図

非常にざっくりですが、以上の内容をもとに設計していきます。

KiCad使用環境

OS : windows10   64bit(mac上でVirtualBoxを使用してWindows10を動かしています。)

KiCadバージョン : 4.0.2  (2017年4月1日時点の最新安定版は 4.0.6)

 

KiCadは下記のサイトでダウンロードできます。

KiCadオフィシャルサイト http://kicad-pcb.org

KiCadの日本ユーザコミュニティ http://kicad.jp 


次 >  仕様決め


このエントリーをはてなブックマークに追加