KiCadで基板を作る

オープンソースの回路CAD「KiCad」を利用した回路設計や基板製作などを紹介します。


【プロフィール】
iw回路設計
KiCadで回路設計や基板設計をしたりしています。 https://iw-circuitdesign.net

kicad5_dcjack1_title

※この記事は過去の「DCジャック変換基板の作成記事」をKiCadのバージョン5.0向けに書き直した記事です。

過去のバージョン4.0での作成記事はこちらをご覧くださいDCジャック変換基板の作成(1) 〜目次〜

オープンソースの回路CAD「KiCad」を使用して「DCジャック変換基板」を作ってみます。

 

プリント基板の作成は下記のような流れで行っていきます。

  1. 仕様を考える
  2. KiCadの準備をする
  3. 回路図を書く
  4. 回路コンポーネントとフットプリントの紐つけを行う
  5. 基板データの作成を行う
  6. 基板を発注する

PC環境は下記の通りです。 

  • OS  : windows10   64bit   ※正確にはmacbook pro上でVirtualBoxを使用してWindows10を動かしています。

  • KiCadバージョン : 5.0.0  (2018年7月25日時点の最新安定版は 5.0.0)

 

KiCadは下記のサイトでダウンロードできます。

KiCadオフィシャルサイト http://kicad-pcb.org

KiCadの日本ユーザコミュニティ http://kicad.jp


次> 仕様を考える



このエントリーをはてなブックマークに追加